• すずきあさよ

​ミニマムな財布を札幌で発見!これ1個で十分です。

更新日:7月30日

今回は、財布は小さくてシンプルなものに変えて良かったというお話しです。


2013年に離婚して、札幌へ引っ越して来てから、内面を見つめ、物を手放し、簡素な暮らしが楽しくなりました。

​どんどん持ち物を減らして軽量にしていくことで、身軽さが増えることに気づき、外出時の荷物を可能な限り軽量化しようと言うことになったのです。

まず、大きなカバンから解放されて、小さくスッキリとさせるには、大きな長財布をやめることが先決でした。


長財布や、三つ折り財布をやめたい、けれど、小銭入れでは不便と言うことありませんか?


なんかいいものないかなあと探していたときに見つけたのが、コレ(写真)だったんです。​

ピアノの鍵盤で、1オクターブがやっとな、私の手のひらにしっくりと納まる財布を見つけたときの「求めていたものはコレだ!」という感動は忘れられません。


小さいからと言って、小銭入れではないんです。この小さな財布のなかに、お札、小銭、カードを入れるスペースがあります。小銭入れのスペースが見やすい設計です。

レジでお札より小銭を探すのが大変で、という人の声がよく生かされていると思いました。


使い始めて4年目でボタンがゆるくなったので、4年間も使ったのだから、そろそろ買い換えかなと思って、お店に行きました。


すると、店員さんが「ボタンだけ交換できます」と、実費程度(確か100円程度)で交換でき、買い換えではなく、修理で済んだのです。


​コスパ最高!


お店は、札幌のオーロラタウン内にある札幌革職人館さんです。